善く生きるということ

古代ギリシアの哲人、アリストテレスの言葉に「善く生きる」ということばがでてくる。善く生きるとは幸せに生きるとか美しく生きるとかの意味があるが、歯科的に考えるとどういうことなのだろう。

私は45年以上歯科に関わりを持ち、多くの患者さんを診てきたが、90歳以上の患者さんも多く、「善く生きる」と言う事を歯科医師の観点から考察してみたい。

75歳の後期高齢者の検診で初めて歯科医院に来院される方も稀にいるが歯科的に健康な方は歯磨きはよくできているが、歯石も結構ついている。しかし歯周病は進行しておらず、今までのブラッシングで十分であることが解る。よって歯石除去も勧めない。逆に歯石を取ってしまうと今までの口腔環境が変わり、ブラッシングも変える必要がある。歯周病専門医や大学の偉い先生方は、歯石を取って、そのあとのメンテナンスにいろいろな薬を進めるが、現在まで自分なりにいい健康状態を保っている人には無意味なことである。

歯科的に見ると「善く生きる」とは生まれてから一回も歯科医のお世話にならず、死ぬまで自分の歯でものを噛んで健康に生きることと思われるが、なかなか難しい、しかし歯科医よりある知識を教えてもらい忠実に実行すればそれほど難しいことではない。食事をすれば食物残渣が残り、糖分を含んでいる飲み物では口の中が酸性となる。食物残渣がプラークとなる前にすっかり取り除き、口の中が酸性になる前にうがいをする。ただそれだけのことである。

 多くの製薬会社や歯科専門業者が販売している、歯に良い歯磨剤とか洗口液などは一切使わないのがいいだろう、ましてホワイトニングなどと言って漂白剤を歯に塗ったりレーザーを当てたりすることは賢い人はしないだろう。人間が取り入れたことのない化学薬品などを使った評価は4,50年経たないといいとも悪いとも言えない、30年ぐらい前に歯科で当たり前に使われていた材料アマルガムは現在使う先生はいないどころか患者に詰められているとひどく嫌なものである、ましてそれを取り外す時は水銀蒸気が出るので、完全防備で行わなければいけない。

歯科の大学教授や学会のえらい先生と思しき人が評価の定まらない薬品を平気で勧めている姿を見ると残念な気持ちになる。評価が定まらないとはどう言うことか、つまりある薬品を1000人に使い999人が異常なくても、一人に副作用が出ると言うのはよくあることであり、しかも10年ぐらい使ってから出るものもある。厚生労働省が出しているドラッグセイフティと言う書物が毎月届くが、20年以上使われている薬品でも、新たな副作用が載せられ使用してはいけない人の情報が記載されている。つまり使わなくていい薬品は、安全だと言われても極力使わないようにしたほうがいい、ただしこの薬品を使わなければ生命の危険があるとか障害を残したりする場合を除いてのことである。

私は歯科医師になってから一切の歯磨剤や洗口液、フッ素など自分の口に入れたことはないし、歯石もとったことはない。しかし自分の歯で食事するのになんら不自由はない。

現在多くの人は原因のわからないアレルギーや病に侵され日々苦しんでいる、介護が必要な人も大勢いる。

アリストテレスの言葉に「賢者は快楽よりも苦痛なき事を追求する」と言う言葉があるがまさにこの事だろう。

私自身も自己免疫疾患というアレルギーで苦しんでいるが、これだけ多くの化学薬品がスーパーで売られている食品に使われている現在ではやむを得ない事だろう。